良質なデザインでブランドづくりをお手伝いする「地元のデザインオフィス」です。

ブランディングルームのロゴ

セミナー報告(20190319)


第3回札幌フリーランス大交流会(2019/3/19)にて、フリーランスに向けたセミナー「すぐできる・デザイン、レイアウトのポイント」を行いました。

本業・本職がデザイン業以外の皆様向けでしたので、「チラシづくり」を例に、もう少し具体的なテーマ・目標を用意しました。
それがコチラ。


フリーランスに限らず会社員の方でも、デザイン担当ではないのに「チラシ」や「ちょっとしたお知らせ」を作らなければならない場面はありませんか?
そして、時間がかかった割には出来がイマイチ…チラシというより、どこか書類っぽい(W●rd文書っぽい?)…

そんなお悩みを解決するための内容です。


チラシ作りと一口に言っても、実は大変な作業。

まずキャッチコピーや本文、イベントであれば開催日時・場所、製品であれば価格やスペック等の「テキスト情報」が必要です。
テキスト情報には適切な「書体(フォント)」を選定しなければなりません。
内容によっては「写真」や「イラスト」などの「図」もあった方がいでしょう。
これらテキスト情報や図の「配色」(色使い)も外せません。
そしてこれらをどのようにチラシ紙面に「レイアウト」(配置)するか。
紙面ができた後も、印刷するのか配信するのか等々、とにかく意外とやらなけらばならない事が多いのです。


これらの「やらなけらばならない事」のうち、
「すぐできて」
「脱・書類っぽい」
ポイントがあります。そこに絞ってお話させていただきました。

普段の取り組みにすぐに取り入れられるポイントです。
ある程度の慣れは必要ですが、ポイントを意識してチラシや紙面を作るかどうかで全然違ってきますし、やればやるほど上達して、時短にもつながります。

今後同様のセミナーを行う際には改めてご案内いたします。