良質なデザインでブランドづくりをお手伝いする
「地元のデザインオフィス」です。

iPhone文鎮化

バックアップの重要性を思い知った出来事がありました。

先日夜、愛用していたiPhone SEが使用中に突然シャットダウン。その後うんともすんとも言わず沈黙。いわゆる突然死・文鎮化と呼ばれる現象と思われます。

iPhone SE
漫☆画太郎先生風にいうと「死ーん」となったiPhone SE


iPhone・携帯電話が使えなくなるととにかく困ります。
プライベートでのやり取りは少ないのでほとんど問題ないのですが(笑)、仕事で連絡を取り合っている最中だった案件がいくつかありました。パソコンとiPadで連絡を取り事なきを得ました。


幸いな事にiPhoneは定期的にバックアップを取っていたので慌てるような事はありませんでした。「とりあえず正常なiPhoneを手に入れられれば何とかなる(時間とお金は多少かかっても)」という心持ちでいられました。

私はiPhone SEがどうにも気に入っているのでネットで新品未開封のiPhone SEを見つけ即購入。発売が噂されている「iPhone SE 2」までは何とか持って欲しいと願いつつ…。


とにかくバックアップは大事です。
何もない時には何の役にも立ちませんが、何かあった時には絶大な力を発揮します。

一番重要だと思うのは「心持ち」の違いです。
iPhoneにしか入っていないデータや情報が突然なくなると絶望感・焦燥感等様々な負の感情が沸き起こるかと思います。換えが効かない個人的なもの、例えば思い出の写真などが失われてしまうのも大変なショックです。
ところがバックアップがあれば「ちょっと面倒な事になったけど、バックアップがあるから何ともないや」で片付けられます。


残念ながら私のiPhone SEの文鎮化については復活は望めなそうです。
症状やその後の対応は以下の通り。自身で調べられる範囲でやってみましたが改善せず。もし何かアドバイスをお持ちの方がいらっしゃいしましたらご連絡いただければ幸いです!

症状
・使用中に突然画面がシマシマに(幅3ミリほどのタテ縞模様)
・その後自動でシャットダウン
・電源入らず。電源ボタン、ホームボタンも反応なし
・電源ボタン+ホームボタン長押しも反応なし

対応
・iMacへUSBケーブル接続。iTunesでリカバリーモードでの復元失敗。
・DFUモードでの復元も失敗。
・「エラーコード6」…ウィルスソフトが干渉している可能性があるとのことで、ウィルスソフトを一旦iMacから削除しても復元失敗。(リカバリーモード、DFUモード共に)

現状
・電源も入らないまま文鎮化


もしエラーコード6から復活できたiPhoneをお持ちの方がいらっしゃいしましたらアドバイスください。